THE THOR(ザ・トール)の自動生成サイトマップの設定方法|初心者向けマニュアル
THE THOR(ザ・トール)の自動生成サイトマップの設定方法|初心者向けマニュアル
THE THORではプラグイン無しで簡単にサイトマップを作成することができます。

サイト内のページを一覧表示して、目的のページを見つけやすくすることで、サイトのユーザビリティを高めることができます。

SEO的にも良い効果を期待できるので、ぜひ設定しておきましょう。

自動生成サイトマップの設定方法

まずはサイトマップを表示するページを作成します。

WordPressのダッシュボード左メニューから、『固定ページ新規追加』という順にクリックしましょう。

『固定ページ→新規追加』という順にクリック

『固定ページ→新規追加』という順にクリック

「新規固定ページを追加」の画面が開きます。 今回は仮に、タイトルを「サイトマップ」と設定して作成します。

「新規固定ページを追加」の画面

「新規固定ページを追加」の画面

後は、画面右にある「ページ属性」の「テンプレート」から『サイトマップTPL』を選択し、『公開』ボタンをクリックして完了です。

「ページ属性」の「テンプレート」から『サイトマップTPL』を選択し、『公開』ボタンをクリック

「ページ属性」の「テンプレート」から『サイトマップTPL』を選択し、『公開』ボタンをクリック

 本文は空欄で大丈夫です。

作成したサイトマップページに記事を表示させます。

WordPressのダッシュボード左メニューから、『外観カスタマイズ』という順にクリックしましょう。

『外観→カスタマイズ』という順にクリックして進む

『外観→カスタマイズ』という順にクリックして進む

「THORカスタマイズ」画面が表示されます。
基本設定[THE]自動生成サイトマップ設定』という順にクリックしましょう。

『基本設定[THE]→自動生成サイトマップ設定』という順にクリック

『基本設定[THE]→自動生成サイトマップ設定』という順にクリック

自動生成サイトマップの設定画面が開きます。

ここでは、固定ページと投稿ページそれぞれの表示設定をすることができます。 下記の各項目を設定しましょう。

固定ページ設定

  • サイトマップに固定ページを表示させるかどうか
  • TOPページを表示させるかどうか
  • 除外ページIDを入力(ある場合)
  • 出力する階層を選択
  • 見出しを入力
固定ページ設定

固定ページ設定

投稿ページ設定

  • サイトマップに投稿ページを表示させるかどうか
  • カテゴリーと投稿の表示方法を選択
  • 除外投稿IDを入力(ある場合)
  • 除外カテゴリーIDを入力(ある場合)
  • 見出しを入力
投稿ページ設定

投稿ページ設定

設定が終わったら、『公開』ボタンをクリックします。

『公開』ボタンをクリック

『公開』ボタンをクリック

これで、表示設定したページがサイトマップに表示されるようになりました。

作成したサイトマップページを開き、下記のようにページ一覧が表示されていれば設定完了です。

サイトマップページ

サイトマップページ

まとめ

今回は、THE THORの自動生成サイトマップの設定方法を解説しました。

サイトマップを設置することで、サイトのユーザビリティを上げることができるだけでなく、SEO的にも良い効果を期待できるので、未設定の方はぜひ設定してみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アンケート実施中

テーマニアの内容をさらに充実させるため
アンケートを実施中です。

ご協力お願いいたします。

おすすめの記事