DiverでCTA(Call to Action)を設定する|初心者向けマニュアル
DiverでCTA(Call to Action)を設定する|初心者向けマニュアル

CTAは「Call to Action」の略で、日本語に直すと「行動喚起」という意味になります。

記事を読んだユーザーに何か行動を起こさせるための言葉やボタン、画像などを指します。

例えば、資料請求や会員登録のページへ飛ぶボタンなどがCTAです。

DiverのCTA機能

DiverのCTA機能

CTAを作成する方法

まずはCTA本体を作成します。

WordPress管理画面の左メニューから
CTA新規追加』という順にクリックすると、「CTA作成ページ」へ移ります。

『CTA → 新規追加』という順にクリック

『CTA → 新規追加』という順にクリック

CTAは投稿と同じような感覚で作成できるようになっています。

まずは、タイトルや本文を入力しましょう。

CTAのタイトルや本文を入力

CTAのタイトルや本文を入力

そのあと、画面下にある「ボタン設定」へ移ります。

「ボタン設定」のメニュー

「ボタン設定」のメニュー

ここでは、ユーザーを誘導したいページのリンクなどをボタンとして設定することができます。

上の画像のように、リンク先やボタンのテキストを設定しましょう。

設定が終わったら、今度は画面右にある「画面位置」や「CTAカラー」へ。

「画面位置」「CTAカラー」

「画面位置」「CTAカラー」

画像の表示位置や背景色などを自分好みにアレンジしたり、特にこだわりがなければそのままでも良いと思います。

設定後、『公開』ボタンを押せばCTAの作成は完了です。

『公開』ボタンをクリック

『公開』ボタンをクリック

CTAを設定する方法

作成したCTAを設置する方法について解説します。

CTAの設定方法は2種類あります。

  • デフォルトCTAを設定
  • 投稿ごとに設定

それぞれ紹介します。

デフォルトCTAを設定

デフォルトCTAを使えば、自分で変更しない限り、すべての投稿に同じCTAを設定することができます。

デフォルトCTAの設定は、『Diverオプション投稿設定』の「デフォルトCTA設定」から行います。

好きなCTAを選び、『変更を保存』を押せばデフォルトCTAが設定されます。

設定したデフォルトCTAの使い方を見てみましょう。

投稿の新規追加画面に「CTA」というエリアがあります。

CTA

CTA

ここに、初期設定として「デフォルトのCTAを設定」が自動的に選ばれるようになっています。

何も変更しなければ、デフォルトCTAに設定したものが毎回CTAとして設定されます。

投稿ごとに設定

投稿ごとに別々のCTAを選択することも可能です。

投稿画面の「CTA」で好きなCTAを選び、投稿を保存すれば完了です。

CTAを選択する

CTAを選択する

まとめ

サイト次第では、コンバージョンの数値こそが最重要の場合があります。

その場合はCTAの設定は絶対に外せません。

が、CTAをサイトの雰囲気としっかり合わせることも大事ですので、今回の設定方法を参考にしながら、最適なCTAを設置しましょう。

スポンサーリンク

アンケート実施中

テーマニアの内容をさらに充実させるため
アンケートを実施中です。

ご協力お願いいたします。

おすすめの記事